ウォーキングは便秘に効果的です

便秘に悩んでいる方は、ウォーキングに挑戦しましょう。 運動不足は、筋力が落ちるのでマイナスになります。 有酸素運動を継続することで、大腸の働きをよくすることも可能です。

ウォーキングでは、全身を動かすので血液の流れがよくなって、自律神経が安定します。
腸の働きは、副交感神経と密接な関係があり副交感神経の働きが正常になると、腸の環境がよくなってきます。 歩くことは、筋肉を増やし腸内の環境をよくするのに最適です。
腸内環境を整えるには

大切なことは、毎日継続をすることです。 運動しようと思ってもなかなかできない方は、通勤や買い物で、エレベーターやエスカレたーを使わないで、階段を上りましょう。 階段は、お腹の筋肉を鍛えられます。

歩くときは、歩幅を大きくすれば骨盤の動きが活性化されて、腸の運動になります。 ウォーキングする前には、水を飲むと効果がアップします。 ちょうのぜんどう運動を、促進して新陳代謝をよくしてくれます。

運動後に、おすすめの飲み物はココアです。 整腸作用があるリグニンが含まれていて、善玉菌を増やしてくれる働きがあります。 食事中も、お茶や水などたっぷりと水分を補給しましょう。

朝のウォーキングは、とても気持ちがいいですが準備体操は必要です。